ホーム > 業務案内

粗大ごみから企業の産業廃棄物まであらゆる廃棄物の収集、運搬なら当社へおまかせ下さい。

産業廃棄物処理・運搬収集や中間処理などは、資源をリサイクルするためには必要な過程です。
株式会社真栄は、収集運搬業者として、収集から中間処理業者への搬入処理まで、時間の短縮、荷役コストの軽減などの効率化を図るとともに、二次公害を引き起こさないよう安定化・無害化された処理方法を徹底して行っていきます。
産業廃棄物・資源リサイクルに関するご相談、お問い合わせは、お気軽にお問い合わせ下さい。

おかげさまでオーエス環境株式会社は創業25周年を迎えました。

対応可能な処理・地域 設備・車両紹介 産業廃棄物処理の流れ

対応可能な処理・地域

粗大ゴミ回収業者が・回収できるものを紹介します。

生活家電・電気機器類

キッチン・リビング周辺
テレビ・パソコン・オーディオ関連
機器・マッサージ・フィットネス機器

日用品・生活用品類

スポーツ用品・健康器具・楽器
カー用品・自転車・生活用品
ベビー・キッズ用品

家具類

ベッド・寝具・ソファ・タンス・
棚・テーブル・インテリア用品

オフィス用品・OA機器類

OA機器・複合機・サーバー機器
オフィス家具・事務用品・植物

店舗什器・飲食店什器・厨房

一般店舗用什器、飲食店什器・
厨房器具・商品棚・ショーケース
・ラック

産業廃棄物

廃プラスチック・紙くず・木くず・
繊維くず・ゴムくず・金属くず・
ガラスくず・コンクリートくず・
陶磁器くず・がれき類

対応可能な処理・地域

〔対応可能地域〕

横浜市や川崎市など、周辺エリアの粗大ごみ、産業廃棄物を収集・運搬しています。
エリアにない地域に関しましても、ご相談に応じますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

横浜市、川崎市、東京23区

車両紹介

■産業廃棄物

塵芥車 4t×1台 3t×1台
平ボディトラック 2tロング×2台

  

産業廃棄物処理の流れ

生産工程で「発生」した廃棄物は、再資源化や適正な処理のために「排出」されますが、発生自体を少なくする「発生抑制」や、排出前にその一部を「再利用」する取組みが行われています。廃棄物が排出され、最終的に処分されるまで、廃棄物の「分別」「保管」、「収集運搬」、「再生」、及び「中間処理」、「最終処分」までの一連の流れの行為が行われますが、廃棄物処理法では、これらの行為を一括して「処理」、また「中間処理」および「最終処分」を「処分」と定義しています。